千載一遇のうねりを自然体で享受

豚骨ラーメンで世界を股にかける「味千ラーメン」は、アジアを中心に約860店を展開。15年には中国だけで1000店を突破する勢いで、いまや外資16社とFC提携し世界13ヵ国に営業拠点を築いている。一方、国内店舗数は地元、熊本県内を主力に102店舗。十数年前までローカルチェーンの一角に過ぎなかった味千ラーメンが、なぜグローバル化を突き進めたのか。2代目社長の重光克昭社長を直撃した。

世界に羽ばたく味千ラーメン 熊本豚骨で13ヵ国860店

──海外進出の狙いは?
重光 狙ったというより成り行きですね。国内100店舗に迫った1994年、食材調達の安定化を見据えてアジアに着目。拠点作りに先駆けて台湾に味千ラーメンを出店したんです。ところが大失敗。異国の食文化を全く理解してなかったんです。
出直しを考えていた矢先、香港の実業家から誘致されました。その実業家は、豚骨ラーメンの将来性を買っていて、日本のラーメンチェーン数社にアプローチしていたのですが、「海外経験がない」という理由で、全て断られたそうです。で、台湾で味千を目にして当社に来たわけです。その出会いが今日の原点です。

 ──展開はトントン拍子?
重光 いやいや。台湾に続き北京も失敗。香港で軌道に乗せるのも大変でしたよ。多くの失敗を重ねて、食文化と商習慣の違いを理解してきたつもりです。断言できるのは、「現地にまかせるのが早くて正解」ということ。もちろん信頼関係の構築が前提ですが。
 ──でも、多出店はすさまじい。
重光 たまたまタイミングがよかっただけ。とにかく北京オリンピックと上海万博の勢いはすごかった。あのような千載一遇のうねりを経験できたことは、当社にとって非常にラッキーでした。これからが勝負ですよ。

 ──中国でのFC規約は?
重光 味千ラーメンのレシピ、スープなど主力食材の供給は絶対に譲りません。でもそれ以外は臨機応変に、メニュー開発や食材仕入れ、従業員教育や店舗設計は、その土地に合ったやり方で任せてます。成熟している日本の成功事例を、いま押しつけてもだめ。正直、日本の腰を据えた定石では、現地のスピードについていけません。本部は懐を深く持ち、現地が困った時に改善を促す程度でよいのです。

 ──では、黙ってみている?
重光 そうもいきません。もう次世代の競合が始まっているんです。ステップアップのタイミングをどのように演出するか。先手先手の必勝策が必要です。15年中に中国味千は1000店を突破します。それを機に接客サービスや品質の均一化など、基本的な部分を見直せるよう、準備している段階です。接客サービスと品質は外食経営の両輪。そのブラッシュアップは欠かせません。日本の外食史と同じように、基本の繰り返し繰り返しでレベルアップするしかありません。

 ──中国のラーメン嗜好は?
重光 伝統的に動物系のスープに慣れ親しんでいるので、豚骨系は合います。醤油系、魚介系は苦手、まだ早いですね。飯店の麺類のように料理をのせた、ごちそう感のあるラーメンも人気です。日本人は「ラーメン道」という職人気質で、基本の奥行きを尊重しますが、中国は「食べておいしい」とか「腹いっぱいで満足」という合理的な質実感を好みます。中国に限らず、他の国も同じですね。

 ──今後の展開は?
重光 一番期待しているのは従業員を通じた国際交流。アルバイトを含め各国に優秀な人材が大勢いますからね。味千のアルバイトを通じて留学を試みてもよし、当社に入社して世界を目指すのもよし。ラーメンに限らず、味千のスタッフが国際交流にひと役買う可能性は大いにあります。その国際経験の一助になれればと思ってます。
3年前、味千の旗を掲げて富士山に登ったんです。すると頂上で海外在住の方から「オーッ、アジセーン」と声をかけられまして。本当にうれしかったですね。偶然とはいえ、何か海外事業に神懸かり的な使命を感じました。

 ──今後のご活躍に期待します。


5Z6Vcjo7

【中国味千の人気ベスト3】「猪軟骨拉面」(TENDER-RIB-NOOD)35元

トロトロの豚軟骨肉
1頭に2本しか取れない豚の軟骨肉を特製たれでトロトロに煮込んだぜいたくラーメン。箸で割れるほど軟らかく、軟骨肉から染み出る肉汁と豚骨スープの相性が抜群。箸休めの生キャベツが絶妙なアクセント。


GCqxyjbM

【中国味千の人気ベスト3】「麻辣牛肉拉面」 (Chili-Beef- NOOD)35元

豚骨スープと麻辣醤がマッチ
麻辣醤で調味した角切り牛肉をメーン具材に姫竹と生キャベツをトッピング。味千自慢の豚骨スープと麻辣醤の辛味がベストマッチングした超激辛の牛肉ラーメン。白飯が欲しくなること請け合い。


MpD7Le6n

【中国味千の人気ベスト3】「味千招牌拉面」(PRAWN-NOOD)37元

豪華トッピングに驚愕
有頭エビ4本が豪快にトッピングされ、エビエキスと豚骨スープが絶妙に絡み合った特製エビラーメン。チャーシューと煮卵もトッピングされ、ごちそう感もボリュームも満点。まさに中国ラーメンの象徴。


ZuvSjfXV_VL063_r01

重光産業 代表取締役 重光 克昭(しげみつ・かつあき)

1968年熊本市生まれ。幼少から野球一筋で大学では主将を務める。熊本工業大学(現・崇城大学)卒業後、重光産業に入社。店舗現場と出向修業を経て98年、創業者で実父の孝治氏から経営を引き継ぐ。現在、崇城大学の客員教授も務める。

TAuj4HCI

重光産業(株)

本社所在地=熊本市戸島町920-9
年商=22億0600万円(2011年6月期)
店舗数(3月末現在)=国内102店舗、海外760店舗
沿革=1968年業務用向けに生麺とスープの製造販売を開始。72年「味千ラーメン」をチェーン化。94年台湾に海外1号店を出店。2007年中国味千が香港市場に上場。

admin統計データ千載一遇のうねりを自然体で享受 豚骨ラーメンで世界を股にかける「味千ラーメン」は、アジアを中心に約860店を展開。15年には中国だけで1000店を突破する勢いで、いまや外資16社とFC提携し世界13ヵ国に営業拠点を築いている。一方、国内店舗数は地元、熊本県内を主力に102店舗。十数年前までローカルチェーンの一角に過ぎなかった味千ラーメンが、なぜグローバル化を突き進めたのか。2代目社長の重光克昭社長を直撃した。 世界に羽ばたく味千ラーメン 熊本豚骨で13ヵ国860店 ──海外進出の狙いは? 重光 狙ったというより成り行きですね。国内100店舗に迫った1994年、食材調達の安定化を見据えてアジアに着目。拠点作りに先駆けて台湾に味千ラーメンを出店したんです。ところが大失敗。異国の食文化を全く理解してなかったんです。 出直しを考えていた矢先、香港の実業家から誘致されました。その実業家は、豚骨ラーメンの将来性を買っていて、日本のラーメンチェーン数社にアプローチしていたのですが、「海外経験がない」という理由で、全て断られたそうです。で、台湾で味千を目にして当社に来たわけです。その出会いが今日の原点です。  ──展開はトントン拍子? 重光 いやいや。台湾に続き北京も失敗。香港で軌道に乗せるのも大変でしたよ。多くの失敗を重ねて、食文化と商習慣の違いを理解してきたつもりです。断言できるのは、「現地にまかせるのが早くて正解」ということ。もちろん信頼関係の構築が前提ですが。  ──でも、多出店はすさまじい。 重光 たまたまタイミングがよかっただけ。とにかく北京オリンピックと上海万博の勢いはすごかった。あのような千載一遇のうねりを経験できたことは、当社にとって非常にラッキーでした。これからが勝負ですよ。  ──中国でのFC規約は? 重光 味千ラーメンのレシピ、スープなど主力食材の供給は絶対に譲りません。でもそれ以外は臨機応変に、メニュー開発や食材仕入れ、従業員教育や店舗設計は、その土地に合ったやり方で任せてます。成熟している日本の成功事例を、いま押しつけてもだめ。正直、日本の腰を据えた定石では、現地のスピードについていけません。本部は懐を深く持ち、現地が困った時に改善を促す程度でよいのです。  ──では、黙ってみている? 重光 そうもいきません。もう次世代の競合が始まっているんです。ステップアップのタイミングをどのように演出するか。先手先手の必勝策が必要です。15年中に中国味千は1000店を突破します。それを機に接客サービスや品質の均一化など、基本的な部分を見直せるよう、準備している段階です。接客サービスと品質は外食経営の両輪。そのブラッシュアップは欠かせません。日本の外食史と同じように、基本の繰り返し繰り返しでレベルアップするしかありません。  ──中国のラーメン嗜好は? 重光 伝統的に動物系のスープに慣れ親しんでいるので、豚骨系は合います。醤油系、魚介系は苦手、まだ早いですね。飯店の麺類のように料理をのせた、ごちそう感のあるラーメンも人気です。日本人は「ラーメン道」という職人気質で、基本の奥行きを尊重しますが、中国は「食べておいしい」とか「腹いっぱいで満足」という合理的な質実感を好みます。中国に限らず、他の国も同じですね。  ──今後の展開は? 重光 一番期待しているのは従業員を通じた国際交流。アルバイトを含め各国に優秀な人材が大勢いますからね。味千のアルバイトを通じて留学を試みてもよし、当社に入社して世界を目指すのもよし。ラーメンに限らず、味千のスタッフが国際交流にひと役買う可能性は大いにあります。その国際経験の一助になれればと思ってます。 3年前、味千の旗を掲げて富士山に登ったんです。すると頂上で海外在住の方から「オーッ、アジセーン」と声をかけられまして。本当にうれしかったですね。偶然とはいえ、何か海外事業に神懸かり的な使命を感じました。  ──今後のご活躍に期待します。 【中国味千の人気ベスト3】「猪軟骨拉面」(TENDER-RIB-NOOD)35元 トロトロの豚軟骨肉 1頭に2本しか取れない豚の軟骨肉を特製たれでトロトロに煮込んだぜいたくラーメン。箸で割れるほど軟らかく、軟骨肉から染み出る肉汁と豚骨スープの相性が抜群。箸休めの生キャベツが絶妙なアクセント。 【中国味千の人気ベスト3】「麻辣牛肉拉面」 (Chili-Beef- NOOD)35元 豚骨スープと麻辣醤がマッチ 麻辣醤で調味した角切り牛肉をメーン具材に姫竹と生キャベツをトッピング。味千自慢の豚骨スープと麻辣醤の辛味がベストマッチングした超激辛の牛肉ラーメン。白飯が欲しくなること請け合い。 【中国味千の人気ベスト3】「味千招牌拉面」(PRAWN-NOOD)37元 豪華トッピングに驚愕 有頭エビ4本が豪快にトッピングされ、エビエキスと豚骨スープが絶妙に絡み合った特製エビラーメン。チャーシューと煮卵もトッピングされ、ごちそう感もボリュームも満点。まさに中国ラーメンの象徴。 重光産業 代表取締役 重光 克昭(しげみつ・かつあき) 1968年熊本市生まれ。幼少から野球一筋で大学では主将を務める。熊本工業大学(現・崇城大学)卒業後、重光産業に入社。店舗現場と出向修業を経て98年、創業者で実父の孝治氏から経営を引き継ぐ。現在、崇城大学の客員教授も務める。 重光産業(株) 本社所在地=熊本市戸島町920-9 年商=22億0600万円(2011年6月期) 店舗数(3月末現在)=国内102店舗、海外760店舗 沿革=1968年業務用向けに生麺とスープの製造販売を開始。72年「味千ラーメン」をチェーン化。94年台湾に海外1号店を出店。2007年中国味千が香港市場に上場。あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!