EAGhGNuk_VL013_r01

豚ばら肉のバルサミコ煮あえ麺

中華麺をメーン素材にしたフレンチ
■材料
まぜそばのたれ(30g)、豚ばらのバルサミコ煮(適宜)、ポーチドエッグ(1個)ポワロネギのフリット、トリュフのみじん切り、トリュフオイル(各適宜)、中華麺(100g)
中華麺を食べさせるためのフランス料理として仕上げました。中華麺は、ゆでた後「まぜそばのたれ」、トリュフのみじん切り、トリュフオイルであえました。店では、塩と粗びきコショウをすり込み、冷蔵庫で1週間寝かせた豚ばら肉を常備しています。その豚ばら肉を脂身の面からしっかり焼き、フォンドボーとバルサミコ酢で軟らかくなるまで煮ています。ポーチドエッグは、水、酒、醤油で作っています。豚ばら肉、卵、ネギはラーメン店にもある食材ですが、調味料、調理法でずいぶん趣が変わります。
今回「まぜそばのたれ」自体に直接加えたものはありません。バルサミコの酸味、トリュフの風味、卵のまろやかさとコク、そしてたれの味が、中華麺とあえた時にバランスよく融合します。フレンチは「中庸」の料理ですから。
他の国の人が味がないというような水やコメ。それらの中にさまざまな味を感じることができた日本人の味覚も随分変わってきました。「まぜそばのたれ」は、今の時代にマッチした、わかりやすいおいしさの商品。また、フレンチ界の人間である自分には作れない味を示唆してくれました。


PdGBP7dW

【使用商品】まぜそばのたれ

ポークのうま味と3種のにんにくの風味
醤油ベースにチャーシューやポークの旨味を加え、刻みにんにく、フライドガーリック、ガーリックオイルを使って、風味豊かに仕あげている。中華麺(太麺/約130g)に対し、本品30ml(約33g)目安。
規格=1470g(常温)


hcF6Mo9v

谷 昇(たに・のぼる)

ル・マンジュ・トゥー オーナーシェフ
1952年8月東京都生まれ。
六本木の「イル・ド・フランス」からフレンチの世界に入る。2度のフランス修業を経て、1994年に「ル・マンジュ・トゥー」をオープン、オーナーシェフに。「ミシュランガイド東京」で二つ星を連続獲得中。
ル・マンジュ・トゥー
東京都新宿区納戸町22

admin商品利用豚ばら肉のバルサミコ煮あえ麺 中華麺をメーン素材にしたフレンチ ■材料 まぜそばのたれ(30g)、豚ばらのバルサミコ煮(適宜)、ポーチドエッグ(1個)ポワロネギのフリット、トリュフのみじん切り、トリュフオイル(各適宜)、中華麺(100g) 中華麺を食べさせるためのフランス料理として仕上げました。中華麺は、ゆでた後「まぜそばのたれ」、トリュフのみじん切り、トリュフオイルであえました。店では、塩と粗びきコショウをすり込み、冷蔵庫で1週間寝かせた豚ばら肉を常備しています。その豚ばら肉を脂身の面からしっかり焼き、フォンドボーとバルサミコ酢で軟らかくなるまで煮ています。ポーチドエッグは、水、酒、醤油で作っています。豚ばら肉、卵、ネギはラーメン店にもある食材ですが、調味料、調理法でずいぶん趣が変わります。 今回「まぜそばのたれ」自体に直接加えたものはありません。バルサミコの酸味、トリュフの風味、卵のまろやかさとコク、そしてたれの味が、中華麺とあえた時にバランスよく融合します。フレンチは「中庸」の料理ですから。 他の国の人が味がないというような水やコメ。それらの中にさまざまな味を感じることができた日本人の味覚も随分変わってきました。「まぜそばのたれ」は、今の時代にマッチした、わかりやすいおいしさの商品。また、フレンチ界の人間である自分には作れない味を示唆してくれました。 【使用商品】まぜそばのたれ ポークのうま味と3種のにんにくの風味 醤油ベースにチャーシューやポークの旨味を加え、刻みにんにく、フライドガーリック、ガーリックオイルを使って、風味豊かに仕あげている。中華麺(太麺/約130g)に対し、本品30ml(約33g)目安。 規格=1470g(常温) 谷 昇(たに・のぼる) ル・マンジュ・トゥー オーナーシェフ 1952年8月東京都生まれ。 六本木の「イル・ド・フランス」からフレンチの世界に入る。2度のフランス修業を経て、1994年に「ル・マンジュ・トゥー」をオープン、オーナーシェフに。「ミシュランガイド東京」で二つ星を連続獲得中。 ル・マンジュ・トゥー 東京都新宿区納戸町22あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!