3HgSJFYp

つけめん 780円 日販=400〜500杯

常連の支持がつけ麺の冥利
人力で数時間かきまぜるのがコツ

東京都練馬区石神井の「麺処 井の庄」は、日販400〜500杯を誇る、つけ麺の繁盛店。2006年1月の開業以来、人間味ある濃厚魚介豚骨スープで地元ファンを魅了している。
井の庄の〝人間味〟とは、手間を惜しまないスープの炊き出しにある。朝6時から豚骨(ゲンコツ)と大量のじゃがいもと玉ねぎを炊き、午後2時から数時間、人力で丹念にかきまぜ、夜に鯖節を加えて再度炊く。これをひと晩寝かせれば完成だ。
中村泰介店主は「人力で丁寧に溶かすようにかきまぜるのがコツ。機械を使って楽をすると、どうしても雑味が出ます」と明かし、「作り手(かきまぜ当番)によって味に微妙な差が出ます。その微妙な差を確かめるのが、常連さんにとって醍醐味なんです」と説く。
井の庄の客層は8〜9割が常連客。近隣の系列3店舗をローテーションで食べ歩く常連客が多い。作り手が異なる系列店の個性を味わうのも一興なのだ。
中村店主は「つけ麺は華やかに見えますが、手間と時間を要し、原価が高く、経営者は苦しい。でも、それだけに常連さんの支持が厚く、報われる」と、つけ麺の冥利(みょうり)を語る。


BnAUWO3r_VL023_r01

つけ麺スープ

エバラ商品を使った模擬レシピ「つけ麺スープ」でやってみよう!
ポークと魚介で濃厚かつ力強い

醤油ベースにチャーシューペーストの旨味とポークエキスのコクを加え、3種の魚介(いりこ、鯖、鰹)の風味を合わせた、濃厚で力強い「つけ麺専用」スープ。使用方法は本品50ml(約58g)をお湯またはがらスープ150〜180mlで希釈。
規格=1530g

admin商品利用つけめん 780円 日販=400〜500杯 常連の支持がつけ麺の冥利 人力で数時間かきまぜるのがコツ 東京都練馬区石神井の「麺処 井の庄」は、日販400〜500杯を誇る、つけ麺の繁盛店。2006年1月の開業以来、人間味ある濃厚魚介豚骨スープで地元ファンを魅了している。 井の庄の〝人間味〟とは、手間を惜しまないスープの炊き出しにある。朝6時から豚骨(ゲンコツ)と大量のじゃがいもと玉ねぎを炊き、午後2時から数時間、人力で丹念にかきまぜ、夜に鯖節を加えて再度炊く。これをひと晩寝かせれば完成だ。 中村泰介店主は「人力で丁寧に溶かすようにかきまぜるのがコツ。機械を使って楽をすると、どうしても雑味が出ます」と明かし、「作り手(かきまぜ当番)によって味に微妙な差が出ます。その微妙な差を確かめるのが、常連さんにとって醍醐味なんです」と説く。 井の庄の客層は8〜9割が常連客。近隣の系列3店舗をローテーションで食べ歩く常連客が多い。作り手が異なる系列店の個性を味わうのも一興なのだ。 中村店主は「つけ麺は華やかに見えますが、手間と時間を要し、原価が高く、経営者は苦しい。でも、それだけに常連さんの支持が厚く、報われる」と、つけ麺の冥利(みょうり)を語る。 つけ麺スープ エバラ商品を使った模擬レシピ「つけ麺スープ」でやってみよう! ポークと魚介で濃厚かつ力強い 醤油ベースにチャーシューペーストの旨味とポークエキスのコクを加え、3種の魚介(いりこ、鯖、鰹)の風味を合わせた、濃厚で力強い「つけ麺専用」スープ。使用方法は本品50ml(約58g)をお湯またはがらスープ150〜180mlで希釈。 規格=1530gあたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!