hcY3sdcA

龍の子オリジナル担々麺 1,050円 日販=約100杯

中国四川料理 龍の子
店舗所在地=東京都渋谷区神宮前1-8-5

師から学んだ日本式をアレンジ
「四川飯店」で生まれた「担々麺」を世に広げた「龍の子」の安川哲二店主。修業時代、師の陳建民氏から学んだ担々麺は、独立開業時、安川流の優しい味にアレンジされ、以来32年間、老若男女を問わず万人から愛され続けている。
担々麺とは本来、中国・四川料理の〝汁なし肉味噌あえ麺〟のこと。現在主流のスープを張った〝日本式担々麺〟は、四川飯店の創始者である故・陳建民氏が、ラーメンを好む日本人のために発案したものだ。そんな担々麺の大衆化に火を付けたのは、陳氏の愛弟子、安川哲二氏だった。
安川氏は1977年、渋谷区神宮前に「龍の子」を独立出店。ランチの麺類を担々麺1本に絞り、師から学んだ味を、さらに親しみやすい〝アッサリ系〟に進化させた。安川氏は、「四川料理の魅力をいかにして伝えるか。生きた辛味をやわらげるバランスに苦心した。芝麻醤、一味唐辛子、米酢の調味バランスが決め手」と秘訣を明かす。すると「毎日食べたくなる優しい辛味」と評判を呼び、32席ながら日販100食に迫る人気を獲得。創業から32年、メディア取材は多い時で年間100件以上。「忙しくても取材は受ける」という安川氏の誠実な対応が、担々麺のメジャー化を推し進めたともいえる。

【エバラ商品を使った模擬レシピ】「深煎り担々麺スープ」と「辛味醤」でやってみよう!

【作り方】
「深煎り担々麺スープ」(56g)、「辛味醤」(5g)、米酢(10ml)を器に入れ、がらスープ(300ml・お湯でも可)で割ってスープとする。


VGWU25nm

【使用商品】「深煎り担々麺スープ」

香ばしさとコクの鮮度感が自慢
規格=1kg(約18人前)
深煎りごまをたっぷり使用した香ばしい風味、練りごまとピーナッツを加えたマイルドなコク、山椒を利かせた食べやすい辛味が特徴。お湯割りを想定した商品設計だが、がらスープでのばすと一層深みとコクが増す。


XeeCHovb

【使用商品】「辛味醤」

辛味が一発で決まる万能調味料
規格=380g
豆板醤、オイスターソース、魚醤、野菜・果実類、各種香辛料をブレンドした、使い勝手抜群の辛味調味料。辛さはもとよりコクのある旨味も自慢。かくし味、薬味として、あらゆる料理の辛味付けに活用できる。

admin商品利用龍の子オリジナル担々麺 1,050円 日販=約100杯 中国四川料理 龍の子 店舗所在地=東京都渋谷区神宮前1-8-5 師から学んだ日本式をアレンジ 「四川飯店」で生まれた「担々麺」を世に広げた「龍の子」の安川哲二店主。修業時代、師の陳建民氏から学んだ担々麺は、独立開業時、安川流の優しい味にアレンジされ、以来32年間、老若男女を問わず万人から愛され続けている。 担々麺とは本来、中国・四川料理の〝汁なし肉味噌あえ麺〟のこと。現在主流のスープを張った〝日本式担々麺〟は、四川飯店の創始者である故・陳建民氏が、ラーメンを好む日本人のために発案したものだ。そんな担々麺の大衆化に火を付けたのは、陳氏の愛弟子、安川哲二氏だった。 安川氏は1977年、渋谷区神宮前に「龍の子」を独立出店。ランチの麺類を担々麺1本に絞り、師から学んだ味を、さらに親しみやすい〝アッサリ系〟に進化させた。安川氏は、「四川料理の魅力をいかにして伝えるか。生きた辛味をやわらげるバランスに苦心した。芝麻醤、一味唐辛子、米酢の調味バランスが決め手」と秘訣を明かす。すると「毎日食べたくなる優しい辛味」と評判を呼び、32席ながら日販100食に迫る人気を獲得。創業から32年、メディア取材は多い時で年間100件以上。「忙しくても取材は受ける」という安川氏の誠実な対応が、担々麺のメジャー化を推し進めたともいえる。 【エバラ商品を使った模擬レシピ】「深煎り担々麺スープ」と「辛味醤」でやってみよう! 【作り方】 「深煎り担々麺スープ」(56g)、「辛味醤」(5g)、米酢(10ml)を器に入れ、がらスープ(300ml・お湯でも可)で割ってスープとする。 【使用商品】「深煎り担々麺スープ」 香ばしさとコクの鮮度感が自慢 規格=1kg(約18人前) 深煎りごまをたっぷり使用した香ばしい風味、練りごまとピーナッツを加えたマイルドなコク、山椒を利かせた食べやすい辛味が特徴。お湯割りを想定した商品設計だが、がらスープでのばすと一層深みとコクが増す。 【使用商品】「辛味醤」 辛味が一発で決まる万能調味料 規格=380g 豆板醤、オイスターソース、魚醤、野菜・果実類、各種香辛料をブレンドした、使い勝手抜群の辛味調味料。辛さはもとよりコクのある旨味も自慢。かくし味、薬味として、あらゆる料理の辛味付けに活用できる。あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!