div class=”detailTxt clearfix”>

zWtkeSh4

台北麺事情2015 文化と生活スタイルに合った提案

グランドハイアット台北の「牛肉麺」。色は濃いがとても繊細な味のスープ
 所用で台北に行ってきた。と、ちょうど2年前の本欄でも書いた。あの時は、台北の人々が「一風堂」に列をなし、〝日本と全く同じラーメン〞を好んでいるとリポートした。さて2年を経て、〝台北ラーメン事情〞はどのように変化していただろうか。
確かに例として「一風堂」は台北市以外にも多数出店しており、グローバル展開のひとつとして成功している。また台北観光名所「台北101」地下のフードコートにもしっかり「梅光軒」なる北海道の旭川ラーメン店も存在する。
だが、今回リサーチした台北市民らの生の声は「日本のラーメンは味が濃すぎて(塩気が強すぎて)、スープが飲めない」というものだった。日本人は、ラーメンスープとは塩気の強いものという認識があり、そのため「飲み干すことへの罪悪感」がある。しかし台湾では、麺メニューは総じて塩気が薄い。むしろ中華圏独特のスパイス感や香りが特徴で、スープそのものを心おきなく楽しめるものだった。

5gi57jro

体のためには、日本が台湾よりになっては?

街中で食べた「擔仔麺(たんつーめん)」。八角の香りがするスープ

 相変わらず、台北市民は男女共に〝朝昼晩すべて外食〞という生活スタイルが当たり前(ゆえに、共働き夫婦には〝夕飯を作る〞義務がないので、夫婦間にストレスがないそうだ)。スーパーに行っても、日本では異常に棚面積を取る「カレールウ」や「フライパンひとつで出来る惣菜の素」的な商品がほとんどない。かろうじて、非常食的価値で即席麺(袋麺)が並ぶが、カップ麺すら少ない。
この環境を考えると、確かに毎日塩気の強い外食ばかりでは、台北市民の体はもたないのである。強い塩分や濃い味には禁断のおいしさがあることも事実。一度、濃い味に慣れると元に戻れない感覚もワカル!
そこが2年前にリポートした「一風堂」に並ぶ台北の人々の図式になるのだろうが、毎日の食事となれば塩分の強い日本式ラーメンは浸透しにくいようだ。麺に限らずだが、各国民の〝生活スタイル〞とマッチしない限り、メニューは世界的に拡大しないという実例といえよう。
5月に「台湾では18歳以上のおよそ4人に1人が高血圧症を患っている(=大変だ!)」という記事を読んだ。うーむ、日本は2人に1人が高血圧といわれているが……? 高血圧は塩分ばかりが原因ではないが、麺好き日本人が少しばかり〝台湾式薄味ラーメン〞に移行すれば高血圧対策になるのだろうか?(なお、名古屋式台湾ラーメンではありません)

adminコラムdiv class='detailTxt clearfix'> 台北麺事情2015 文化と生活スタイルに合った提案 グランドハイアット台北の「牛肉麺」。色は濃いがとても繊細な味のスープ  所用で台北に行ってきた。と、ちょうど2年前の本欄でも書いた。あの時は、台北の人々が「一風堂」に列をなし、〝日本と全く同じラーメン〞を好んでいるとリポートした。さて2年を経て、〝台北ラーメン事情〞はどのように変化していただろうか。 確かに例として「一風堂」は台北市以外にも多数出店しており、グローバル展開のひとつとして成功している。また台北観光名所「台北101」地下のフードコートにもしっかり「梅光軒」なる北海道の旭川ラーメン店も存在する。 だが、今回リサーチした台北市民らの生の声は「日本のラーメンは味が濃すぎて(塩気が強すぎて)、スープが飲めない」というものだった。日本人は、ラーメンスープとは塩気の強いものという認識があり、そのため「飲み干すことへの罪悪感」がある。しかし台湾では、麺メニューは総じて塩気が薄い。むしろ中華圏独特のスパイス感や香りが特徴で、スープそのものを心おきなく楽しめるものだった。 体のためには、日本が台湾よりになっては? 街中で食べた「擔仔麺(たんつーめん)」。八角の香りがするスープ  相変わらず、台北市民は男女共に〝朝昼晩すべて外食〞という生活スタイルが当たり前(ゆえに、共働き夫婦には〝夕飯を作る〞義務がないので、夫婦間にストレスがないそうだ)。スーパーに行っても、日本では異常に棚面積を取る「カレールウ」や「フライパンひとつで出来る惣菜の素」的な商品がほとんどない。かろうじて、非常食的価値で即席麺(袋麺)が並ぶが、カップ麺すら少ない。 この環境を考えると、確かに毎日塩気の強い外食ばかりでは、台北市民の体はもたないのである。強い塩分や濃い味には禁断のおいしさがあることも事実。一度、濃い味に慣れると元に戻れない感覚もワカル! そこが2年前にリポートした「一風堂」に並ぶ台北の人々の図式になるのだろうが、毎日の食事となれば塩分の強い日本式ラーメンは浸透しにくいようだ。麺に限らずだが、各国民の〝生活スタイル〞とマッチしない限り、メニューは世界的に拡大しないという実例といえよう。 5月に「台湾では18歳以上のおよそ4人に1人が高血圧症を患っている(=大変だ!)」という記事を読んだ。うーむ、日本は2人に1人が高血圧といわれているが……? 高血圧は塩分ばかりが原因ではないが、麺好き日本人が少しばかり〝台湾式薄味ラーメン〞に移行すれば高血圧対策になるのだろうか?(なお、名古屋式台湾ラーメンではありません)あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!