割り切ってインバウンドの潮流にのる

 2014年の訪日外国人観光客は1341万4000人(前年比29・4%増)と過去最高を記録。旅行消費額は2兆円を超えた。1人当たりの旅行支出は15万円。そのうち飲食費は2割の3万円▼外国人観光客の楽しみの一つは日本食。食べたい日本食の上位は「寿司」「ラーメン」「天ぷら」。「ラーメン」は、中国で「日式ラーメン」が人気のように日本食として認知されている▼観光立国を目指す日本にとって今後、整備が急がれるのは東南アジアのムスリムへの対応だ。現状では、せっかくの日本食もムスリムの人たちは、寿司も醤油を付けずに食べる、ラーメンなんてもっての外と聞く▼食品メーカーでもハラール熱が高まっている。ある調味料メーカーは、ハラール認証を受けた他社の醤油、味噌、シーズニングなどをブレンドして、業務用PBの受注に乗り出している▼ラーメン店のムスリム対応には課題が多い。割り切って食品メーカーの情報や技術を活用すれば解決も早い。インバウンドの潮流にのる近道だろう。(金原基道)

adminコラム割り切ってインバウンドの潮流にのる  2014年の訪日外国人観光客は1341万4000人(前年比29・4%増)と過去最高を記録。旅行消費額は2兆円を超えた。1人当たりの旅行支出は15万円。そのうち飲食費は2割の3万円▼外国人観光客の楽しみの一つは日本食。食べたい日本食の上位は「寿司」「ラーメン」「天ぷら」。「ラーメン」は、中国で「日式ラーメン」が人気のように日本食として認知されている▼観光立国を目指す日本にとって今後、整備が急がれるのは東南アジアのムスリムへの対応だ。現状では、せっかくの日本食もムスリムの人たちは、寿司も醤油を付けずに食べる、ラーメンなんてもっての外と聞く▼食品メーカーでもハラール熱が高まっている。ある調味料メーカーは、ハラール認証を受けた他社の醤油、味噌、シーズニングなどをブレンドして、業務用PBの受注に乗り出している▼ラーメン店のムスリム対応には課題が多い。割り切って食品メーカーの情報や技術を活用すれば解決も早い。インバウンドの潮流にのる近道だろう。(金原基道)あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!