そうめんは夏の風物詩ではなかった

 気温が高くなるにつれ、麺の旬はそうめんに移っていく。昨夏は、「カップヌードル」(日清食品)が「ライト」シリーズで〈そうめん〉を投入し話題となったが、ともかくツルツルと喉越しのよいそうめんは夏場にはピッタリ。今夏もすでに、鍋でゆでずにレンジ調理できるチルドのそうめん「マルちゃん レンジでもおいしい 〈涼やかそうめん〉」(東洋水産)が発売されており、比較的保守的なそうめん業界に衝撃的な新製品が生まれることを期待したい。
しかし広い日本、寒い冬でも〝鍋の締め〞としてそうめんを食べる文化が存在する。

nTZsTgbj

ラーメンでもうどんでもなく

「水月」の博多水炊きの締めに鍋に投入されるそうめん(乾麺)
 文化というより、その店舗のオリジナルでもあるのだが、創業1905年、今年で110年を迎える老舗ゆえ〝文化〞といってもいいでしょう!
博多水炊き発祥の店といわれる「水月」(福岡市中央区)では、鍋の締めに聞かれるのが〝ゴハンorソーメン?〞なのである。いや、実際は〝そうめん〞と明記されておらず「地獄炊き」とメニューにはある。オドロオドロしい響きに、「こ、これは一体……?」と恐る恐る聞くと、「そうめんを入れる」とのことであった。
鶏のうま味と、キャベツをメーンとした野菜(※)のだしが出たスープに、そうめん(乾麺)を投入!

HeZuC7OV

残念ながらスープは飲めない!?

 時間にして40〜60秒だろうか、ささっと引き上げるとラーメンやうどんとはまた違った新しい食感に感嘆するのだった。ただひとつ残念なのは、最後のスープを味わってはいけないこと。
「スープも全部飲みたい!」と叫ぶ筆者をグッと制したのは仲居のおばさま。「そうめんは塩分が濃いので、スープは飲めないんですよ」

ベビーフード用には食塩不使用も

 今春、「ベビーそうめん」(はくばく)が発売された。本品は食塩不使用のそうめんで、〝食経験のために麺類を食べさせたいが塩分が気になる〞という親の気持ちに応えたアイテムだった。 また塩分ではないが、冷凍麺の新製品「糖質オフキッチン」シリーズ(江崎グリコ)では麺に含まれる糖質の30%オフを実現。
徐々に製麺界でもヘルシー化が進んでいるのは事実だ。この市場がもっと拡大すれば、かの店での「地獄炊き」でも最後の一滴まで飲めるようになるかもしれない。
(※水炊きの本場・博多では、鍋には白菜ではなくキャベツがメジャーです)

adminコラムそうめんは夏の風物詩ではなかった  気温が高くなるにつれ、麺の旬はそうめんに移っていく。昨夏は、「カップヌードル」(日清食品)が「ライト」シリーズで〈そうめん〉を投入し話題となったが、ともかくツルツルと喉越しのよいそうめんは夏場にはピッタリ。今夏もすでに、鍋でゆでずにレンジ調理できるチルドのそうめん「マルちゃん レンジでもおいしい 〈涼やかそうめん〉」(東洋水産)が発売されており、比較的保守的なそうめん業界に衝撃的な新製品が生まれることを期待したい。 しかし広い日本、寒い冬でも〝鍋の締め〞としてそうめんを食べる文化が存在する。 ラーメンでもうどんでもなく 「水月」の博多水炊きの締めに鍋に投入されるそうめん(乾麺)  文化というより、その店舗のオリジナルでもあるのだが、創業1905年、今年で110年を迎える老舗ゆえ〝文化〞といってもいいでしょう! 博多水炊き発祥の店といわれる「水月」(福岡市中央区)では、鍋の締めに聞かれるのが〝ゴハンorソーメン?〞なのである。いや、実際は〝そうめん〞と明記されておらず「地獄炊き」とメニューにはある。オドロオドロしい響きに、「こ、これは一体……?」と恐る恐る聞くと、「そうめんを入れる」とのことであった。 鶏のうま味と、キャベツをメーンとした野菜(※)のだしが出たスープに、そうめん(乾麺)を投入! 残念ながらスープは飲めない!?  時間にして40〜60秒だろうか、ささっと引き上げるとラーメンやうどんとはまた違った新しい食感に感嘆するのだった。ただひとつ残念なのは、最後のスープを味わってはいけないこと。 「スープも全部飲みたい!」と叫ぶ筆者をグッと制したのは仲居のおばさま。「そうめんは塩分が濃いので、スープは飲めないんですよ」 ベビーフード用には食塩不使用も  今春、「ベビーそうめん」(はくばく)が発売された。本品は食塩不使用のそうめんで、〝食経験のために麺類を食べさせたいが塩分が気になる〞という親の気持ちに応えたアイテムだった。 また塩分ではないが、冷凍麺の新製品「糖質オフキッチン」シリーズ(江崎グリコ)では麺に含まれる糖質の30%オフを実現。 徐々に製麺界でもヘルシー化が進んでいるのは事実だ。この市場がもっと拡大すれば、かの店での「地獄炊き」でも最後の一滴まで飲めるようになるかもしれない。 (※水炊きの本場・博多では、鍋には白菜ではなくキャベツがメジャーです)あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!