yNKfRbbk

老舗洋食店のラーメン

昭和を懐かしむ変わらぬシンプルな味わい
ラーメン750円

たいめいけん
東京都中央区日本橋1‐12‐10

NOOQPWSk

ご飯のように飽きない味 洋食素材をぜいたくに使った清湯スープ

日本橋の飲食店を代表する洋食の老舗
 東京・日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」の店の脇には、知る人ぞ知るらーめんコーナーがある。3〜4人が入ればいっぱいになる立ち食い席のカウンターのみだが、目の前にゆで麺器やスープの入った大きな寸胴があって、シズル感がみなぎっている。このスープはラーメンのみならず「たいめいけん」のカレーやシチューのベースとなっているだけに、客の視線はおのずと寸胴に集中する。
100ℓを超える大きな寸胴の中には、ニンジン、玉ネギ、ネギ、キャベツなど大量の野菜と、肉の付いた骨や牛肉・豚肉・鶏肉の切れ端が、あふれんばかりに入っているが、洋食のドミグラスソースと同様に、コックさんがしょっちゅう手をかけているので、スープはいつも透き
通っている。日本中のラーメン店を探しても、これほどぜいたくなスープはめったにお目にかかれないだろう。
この寸胴には「たいめいけん」のさまざまな料理に使う上質の食材が、何十種類も惜しげもなく投入されているのだ。まともに計算すると寸胴1本の原価は、ゆうに1万円を超えると思われる。
「たいめいけん」のロゴが入ったオシャレな白いラーメン鉢に、かえしを入れて、このスープを注ぐと、澄んだスープから醤油の香りが広がる。これにストレートの細麺を入れ、昭和のノスタルジーが残った縁の赤いチャーシューとメンマ、海苔、キヌサヤ、ネギをのせると醤油ラーメンの完成だ。
筆者はあっさりした優しい味の、近頃あまり見かけなくなった中華そば系のラーメンが好きである。濃厚スープの行列ができる系ラーメンは最後まで食べると飽きるが、「たいめいけん」のラーメンは食べ終わった後に「また食べたい」と思う。まるでおいしいご飯のように、飽きることがない。いつまでも変わらずに、昭和の味であり続けてほしい。


谷口 正俊(たにぐち・まさとし)

1956年生まれ。立命館大学経済学部卒業後、㈱チェポ(現・ピーターパンコモコ)入社。和風FF「一口茶屋」の全国展開を指揮。40歳で独立。現在「立ち呑み龍馬」など8店舗を経営するほか、コンサルタントとして活躍。「理論より実践、システムよりマインド」がモットー。

adminコラム老舗洋食店のラーメン 昭和を懐かしむ変わらぬシンプルな味わい ラーメン750円 たいめいけん 東京都中央区日本橋1‐12‐10 ご飯のように飽きない味 洋食素材をぜいたくに使った清湯スープ 日本橋の飲食店を代表する洋食の老舗  東京・日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」の店の脇には、知る人ぞ知るらーめんコーナーがある。3〜4人が入ればいっぱいになる立ち食い席のカウンターのみだが、目の前にゆで麺器やスープの入った大きな寸胴があって、シズル感がみなぎっている。このスープはラーメンのみならず「たいめいけん」のカレーやシチューのベースとなっているだけに、客の視線はおのずと寸胴に集中する。 100ℓを超える大きな寸胴の中には、ニンジン、玉ネギ、ネギ、キャベツなど大量の野菜と、肉の付いた骨や牛肉・豚肉・鶏肉の切れ端が、あふれんばかりに入っているが、洋食のドミグラスソースと同様に、コックさんがしょっちゅう手をかけているので、スープはいつも透き 通っている。日本中のラーメン店を探しても、これほどぜいたくなスープはめったにお目にかかれないだろう。 この寸胴には「たいめいけん」のさまざまな料理に使う上質の食材が、何十種類も惜しげもなく投入されているのだ。まともに計算すると寸胴1本の原価は、ゆうに1万円を超えると思われる。 「たいめいけん」のロゴが入ったオシャレな白いラーメン鉢に、かえしを入れて、このスープを注ぐと、澄んだスープから醤油の香りが広がる。これにストレートの細麺を入れ、昭和のノスタルジーが残った縁の赤いチャーシューとメンマ、海苔、キヌサヤ、ネギをのせると醤油ラーメンの完成だ。 筆者はあっさりした優しい味の、近頃あまり見かけなくなった中華そば系のラーメンが好きである。濃厚スープの行列ができる系ラーメンは最後まで食べると飽きるが、「たいめいけん」のラーメンは食べ終わった後に「また食べたい」と思う。まるでおいしいご飯のように、飽きることがない。いつまでも変わらずに、昭和の味であり続けてほしい。 谷口 正俊(たにぐち・まさとし) 1956年生まれ。立命館大学経済学部卒業後、㈱チェポ(現・ピーターパンコモコ)入社。和風FF「一口茶屋」の全国展開を指揮。40歳で独立。現在「立ち呑み龍馬」など8店舗を経営するほか、コンサルタントとして活躍。「理論より実践、システムよりマインド」がモットー。あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!