ジロリアンがリードする健康トレンド

二郎ネタは語り尽くされた感があるが、にわかに〝トクホ?の話題が浮上している。系列店や類似店の多くの店頭自販機で「黒烏龍茶」の陳列が幅を利かせているのだ。▼もとより三田本店ではドリンクの持ち込みが可能。ファンの間ではウーロン茶の携帯がお約束。その流儀が黒烏龍茶に進化して、いまや黒烏龍茶一色の自販機も現れている。▼昨年開業した系列・札幌店の自販機は、陳列全20本中、黒烏龍茶14本、ペプシスペシャル3本、伊右衛門特茶3本というトクホづくし。しかも自販機は二郎と同じ黄色。二郎専用自販機として巡礼スポット化は必至であろう。▼黒烏龍茶VS二郎。ウーロン茶重合ポリフェノールVSアブラ(背脂)。黒烏龍茶は「脂肪吸収を抑える」とはいえ、二郎は想像を絶する強敵。トクホVS外食のカードで、いきなりの決勝戦である。▼健康とは無縁。むしろ対極の二郎が健康トレンドをも牽引するとは。外野にまで影響を及ぼすラーメン市場の潜在パワーを示す一コマとして注目したい。
(岡安秀一)

adminコラムジロリアンがリードする健康トレンド 二郎ネタは語り尽くされた感があるが、にわかに〝トクホ?の話題が浮上している。系列店や類似店の多くの店頭自販機で「黒烏龍茶」の陳列が幅を利かせているのだ。▼もとより三田本店ではドリンクの持ち込みが可能。ファンの間ではウーロン茶の携帯がお約束。その流儀が黒烏龍茶に進化して、いまや黒烏龍茶一色の自販機も現れている。▼昨年開業した系列・札幌店の自販機は、陳列全20本中、黒烏龍茶14本、ペプシスペシャル3本、伊右衛門特茶3本というトクホづくし。しかも自販機は二郎と同じ黄色。二郎専用自販機として巡礼スポット化は必至であろう。▼黒烏龍茶VS二郎。ウーロン茶重合ポリフェノールVSアブラ(背脂)。黒烏龍茶は「脂肪吸収を抑える」とはいえ、二郎は想像を絶する強敵。トクホVS外食のカードで、いきなりの決勝戦である。▼健康とは無縁。むしろ対極の二郎が健康トレンドをも牽引するとは。外野にまで影響を及ぼすラーメン市場の潜在パワーを示す一コマとして注目したい。 (岡安秀一)あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!