glCSYbld

人生で大切なことは ラーメン二郎に学んだ

「ラーメン二郎」×「若手人気お笑い芸人」=ベストセラーという目論見
村上 純 著
光文社
新書/269ページ
820円(税別)
2013年9月20日刊行
(初版1刷)

どこかで見たようなタイトルではある。本書の第一印象はそれだ。しかし、本書が取り上げているテーマは、若い世代を中心にカリスマ的な評価を得ている「ラーメン二郎」なのだ。しかも著者は、これもまた若い女性たちにいま圧倒的な人気を誇る若手お笑い芸人コンビ「しずる」の村上純氏、と来れば、これは売れない方がおかしい、というくらい話題性のかたまりのような一冊なのだろう。
著者の村上氏は成蹊大学法学部の出身であり、現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑い界でもエリート中のエリート。帯のプロフィルによれば、『芸人きっての「麺通」として知られ』ているそうで、トークライブで「ラーメン二郎ナイト」を企画するなど、ジロリアンとしてもただの素人ではないようだ。本書も、単に「ラーメン二郎」全体のあれこれを紹介するというだけにとどまらない。ネット上のマニアックなサイト同様、個別の店舗を時系列で詳細にレポートするなど、よくある芸能人のいわゆるタレント本とはひと味違った内容に仕上がっている。要するに、老舗出版社が新書として発売するだけの深みを感じさせるのだ。
ちなみに、本書の内容とは無関係だが、筆者が購入した版には、表紙カバーとほぼ同じ大きさの「帯」がかかっていた。一瞬、出版社の教養叢書シリーズである新書もずいぶんとカジュアルな体裁になったなと思ったが、大きく「マシマシ」の写真が掲載された帯の下には、ちゃんと同シリーズの表紙が隠されていた。光文社は、あくまでベストセラーを狙うつもりなのかも知れない。
(藩田伊庵)

adminコラム人生で大切なことは ラーメン二郎に学んだ 「ラーメン二郎」×「若手人気お笑い芸人」=ベストセラーという目論見 村上 純 著 光文社 新書/269ページ 820円(税別) 2013年9月20日刊行 (初版1刷) どこかで見たようなタイトルではある。本書の第一印象はそれだ。しかし、本書が取り上げているテーマは、若い世代を中心にカリスマ的な評価を得ている「ラーメン二郎」なのだ。しかも著者は、これもまた若い女性たちにいま圧倒的な人気を誇る若手お笑い芸人コンビ「しずる」の村上純氏、と来れば、これは売れない方がおかしい、というくらい話題性のかたまりのような一冊なのだろう。 著者の村上氏は成蹊大学法学部の出身であり、現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑い界でもエリート中のエリート。帯のプロフィルによれば、『芸人きっての「麺通」として知られ』ているそうで、トークライブで「ラーメン二郎ナイト」を企画するなど、ジロリアンとしてもただの素人ではないようだ。本書も、単に「ラーメン二郎」全体のあれこれを紹介するというだけにとどまらない。ネット上のマニアックなサイト同様、個別の店舗を時系列で詳細にレポートするなど、よくある芸能人のいわゆるタレント本とはひと味違った内容に仕上がっている。要するに、老舗出版社が新書として発売するだけの深みを感じさせるのだ。 ちなみに、本書の内容とは無関係だが、筆者が購入した版には、表紙カバーとほぼ同じ大きさの「帯」がかかっていた。一瞬、出版社の教養叢書シリーズである新書もずいぶんとカジュアルな体裁になったなと思ったが、大きく「マシマシ」の写真が掲載された帯の下には、ちゃんと同シリーズの表紙が隠されていた。光文社は、あくまでベストセラーを狙うつもりなのかも知れない。 (藩田伊庵)あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!