「元祖さっぽろラーメン横丁」のホームページに記された 生存を賭けた戦いのしるし

少し強引な言い方をすれば、札幌は「ご当地グルメ」という文化を全国に広めた発祥の地だ。いまだに多くのファンを持つインスタントラーメン「サッポロ一番」が発売されたのは1966昭和41)年。それから50年近くもの間、「ご当地ラーメン」という全国区ブランドを維持し続けている「札幌ラーメン」は、やはりタダモノではない。
その札幌ラーメンの聖地、札幌すすきのにある「ラーメン横丁」もまた、ラーメン好きならば知らぬ者はない名所だろう。インターネットで「ラーメン横丁」と検索するだけで、「元祖さっぽろラーメン横丁」のホームページが表示される。だがページを見た人たちの多くは、「おや?」と思うに違いない。なぜなら、トップページの上下には大きな文字で「新ラーメン横丁とは運営が異なり、一切の関係はございません」という注意書きが記されているからだ。さらにその文頭には、ビックリマーク「!」まで添えられている。
そう、札幌の「ラーメン横丁」の歴史を知る人ならば、誰もが「元祖ラーメン横丁」と「新ラーメン横丁」というふたつのラーメン横丁の存在を知っている。筆者は関係者ではなく、詳しい経緯を述べる立場にはないが、このサイトへの掲示を見れば、ふたつのラーメン横丁が存在することによって発生したトラブルについて、なにがしかの想像をすることはできる。名古屋の「味噌煮込みうどん」の例を引くまでもなく、典型的なイチゲンさんである観光客を相手にした「ご当地グルメ」の世界では、こうした熾烈な本家戦いが全国で繰り広げられている。そんなことを想像させるホームページだった。

■元祖札幌ラーメン横丁
http://www.ganso-yokocho.com/


入江 直之(いりえ・なおゆき)

「EATWORKS」代表。外食をはじめフード業界のマーケティングやプロモーションなどを手掛ける他、パソコンやインターネット、モバイルなどにも、うんちくを傾ける。飲食店の開業支援も数多い。

adminコラム「元祖さっぽろラーメン横丁」のホームページに記された 生存を賭けた戦いのしるし 少し強引な言い方をすれば、札幌は「ご当地グルメ」という文化を全国に広めた発祥の地だ。いまだに多くのファンを持つインスタントラーメン「サッポロ一番」が発売されたのは1966昭和41)年。それから50年近くもの間、「ご当地ラーメン」という全国区ブランドを維持し続けている「札幌ラーメン」は、やはりタダモノではない。 その札幌ラーメンの聖地、札幌すすきのにある「ラーメン横丁」もまた、ラーメン好きならば知らぬ者はない名所だろう。インターネットで「ラーメン横丁」と検索するだけで、「元祖さっぽろラーメン横丁」のホームページが表示される。だがページを見た人たちの多くは、「おや?」と思うに違いない。なぜなら、トップページの上下には大きな文字で「新ラーメン横丁とは運営が異なり、一切の関係はございません」という注意書きが記されているからだ。さらにその文頭には、ビックリマーク「!」まで添えられている。 そう、札幌の「ラーメン横丁」の歴史を知る人ならば、誰もが「元祖ラーメン横丁」と「新ラーメン横丁」というふたつのラーメン横丁の存在を知っている。筆者は関係者ではなく、詳しい経緯を述べる立場にはないが、このサイトへの掲示を見れば、ふたつのラーメン横丁が存在することによって発生したトラブルについて、なにがしかの想像をすることはできる。名古屋の「味噌煮込みうどん」の例を引くまでもなく、典型的なイチゲンさんである観光客を相手にした「ご当地グルメ」の世界では、こうした熾烈な本家戦いが全国で繰り広げられている。そんなことを想像させるホームページだった。 ■元祖札幌ラーメン横丁 http://www.ganso-yokocho.com/ 入江 直之(いりえ・なおゆき) 「EATWORKS」代表。外食をはじめフード業界のマーケティングやプロモーションなどを手掛ける他、パソコンやインターネット、モバイルなどにも、うんちくを傾ける。飲食店の開業支援も数多い。あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!