ミスドに見る 潜在ニーズの 開拓

本号、女性にまつわる記事が2本あった。ラーメン市場が成熟したとはいえ、依然、女性には敷居が高いのだと感じた▼女性客だと回転率が落ちる、気遣いが大変など、ラーメン店側の言い分も確か。好き嫌いの評価基準が男性と異なるのも面倒だ。とはいえ潜在ニーズを放っておくのも悩ましい▼そこで女性相手に成功するヒントを探し「ミスタードーナツ」に着目した。ミスドは全国に約1350店舗。年商約500億円のうち約20%が飲茶商品かつ300円台の麺類が主力と目される▼約20年前の発売当初、ドーナツと麺類というイメージギャップに対し、外食識者らはブランド失墜を叫んだ。だが、ドーナツの甘味とライト志向の麺類が意外にもマッチ。なによりFFの気軽さが潜在ニーズに的中。女性ご用達の名物に定着した▼市場活性の牽引役はエンタメ系だが、安定した数量消費は日常系にある。ラーメンの事業化あるいは長期戦を狙う場合、やはり女性攻略が大きなカギとなろう。
(岡安秀一)

adminコラムミスドに見る 潜在ニーズの 開拓 本号、女性にまつわる記事が2本あった。ラーメン市場が成熟したとはいえ、依然、女性には敷居が高いのだと感じた▼女性客だと回転率が落ちる、気遣いが大変など、ラーメン店側の言い分も確か。好き嫌いの評価基準が男性と異なるのも面倒だ。とはいえ潜在ニーズを放っておくのも悩ましい▼そこで女性相手に成功するヒントを探し「ミスタードーナツ」に着目した。ミスドは全国に約1350店舗。年商約500億円のうち約20%が飲茶商品かつ300円台の麺類が主力と目される▼約20年前の発売当初、ドーナツと麺類というイメージギャップに対し、外食識者らはブランド失墜を叫んだ。だが、ドーナツの甘味とライト志向の麺類が意外にもマッチ。なによりFFの気軽さが潜在ニーズに的中。女性ご用達の名物に定着した▼市場活性の牽引役はエンタメ系だが、安定した数量消費は日常系にある。ラーメンの事業化あるいは長期戦を狙う場合、やはり女性攻略が大きなカギとなろう。 (岡安秀一)あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!