中華とフレンチのミックスドレッシングが決め手

「ラーメンサラダ」、通称〝ラーサラ〟は、札幌市内の多くの居酒屋が定番化している新興ご当地料理。発祥は1985年。札幌グランドホテルのビアレストラン「ビッグジョッキ」が「女性向けラーメン」として開発したのだが、意外にも男性ビジネス客から人気を集め、ランチメニューから「皆でシェアする酒場料理」に発展した。
一見すると「野菜たっぷり冷やし中華?」と思われるが、それは大間違いだ。ラーサラの決め手は中華麺とからませる「中華風とフレンチ風のミックスドレッシング」にある。 ドレッシングは、醤油&ごま油ベースの中華ドレッシング、マヨネーズ&サラダ油ベースのフレンチドレッシングを、2対1でブレンドしたもの。店内手作りで分離しやすいため、1品1品の注文に応じて、直前にブレンドしている。
作り方は、
(1)ゆでた中華麺(太ちぢれ生120g)にドレッシング100mlをよくからめて皿に盛る。
(2)レタス、トマト、水菜、ピクルス、ボイルしたエビとムール貝をトッピングし、レッドキャベツ、ニンジンをあしらう。
(3)中華ドレッシングとフレンチドレッシングを個々に上がけする。
調理のコツについて浅野聡調理長は「ドレッシングが分離しないよう、ゆでた中華麺を冷水でしっかりしめて、水気を絞り切ること」とし、水気を絞り切ると麺が硬くなってしまうため、「中華麺(太麺)のゆで時間は普通より1分長い4分にして、コシの強さを調整しています」と説く。また、「ピクルスの酸味も重要。これで口の中がスッキリとリセットされます」と言う。
夏場の観光シーズンは日販100食以上も珍しくなく、閑散期でも日販50食以上をキープしているという。


dZfnfty4_VL023_r01

ラーメンサラダ

ランチ980円(スープ、ドリンク付き)
ディナー950円
日販=50〜100食
彩り豊かでボリューム満点。まさに宴席を盛り上げる即戦力
女性向けが男性に支持され酒場料理に発展

D9Uj7iQw_VL033_r01

札幌の第2ご当地ラーメンに

お土産商品も積極的に展開


ahjoklMa_VL043_r01

札幌グランドホテル ビッグジョッキ

所在地=札幌市中央区北1条西4丁目


岡安 秀一(おかやす・しゅういち)

発行部数6万2000部の外食専門紙「日食外食レストラン新聞」編集長。「理論より実践」「システムよりマインド」を理念に新聞編集の他、料理書籍の発行、食品メーカーの商品開発などに携わっている。当紙「ラーメン新聞」をプロデュース。

adminコラム中華とフレンチのミックスドレッシングが決め手 「ラーメンサラダ」、通称〝ラーサラ〟は、札幌市内の多くの居酒屋が定番化している新興ご当地料理。発祥は1985年。札幌グランドホテルのビアレストラン「ビッグジョッキ」が「女性向けラーメン」として開発したのだが、意外にも男性ビジネス客から人気を集め、ランチメニューから「皆でシェアする酒場料理」に発展した。 一見すると「野菜たっぷり冷やし中華?」と思われるが、それは大間違いだ。ラーサラの決め手は中華麺とからませる「中華風とフレンチ風のミックスドレッシング」にある。 ドレッシングは、醤油&ごま油ベースの中華ドレッシング、マヨネーズ&サラダ油ベースのフレンチドレッシングを、2対1でブレンドしたもの。店内手作りで分離しやすいため、1品1品の注文に応じて、直前にブレンドしている。 作り方は、 (1)ゆでた中華麺(太ちぢれ生120g)にドレッシング100mlをよくからめて皿に盛る。 (2)レタス、トマト、水菜、ピクルス、ボイルしたエビとムール貝をトッピングし、レッドキャベツ、ニンジンをあしらう。 (3)中華ドレッシングとフレンチドレッシングを個々に上がけする。 調理のコツについて浅野聡調理長は「ドレッシングが分離しないよう、ゆでた中華麺を冷水でしっかりしめて、水気を絞り切ること」とし、水気を絞り切ると麺が硬くなってしまうため、「中華麺(太麺)のゆで時間は普通より1分長い4分にして、コシの強さを調整しています」と説く。また、「ピクルスの酸味も重要。これで口の中がスッキリとリセットされます」と言う。 夏場の観光シーズンは日販100食以上も珍しくなく、閑散期でも日販50食以上をキープしているという。 ラーメンサラダ ランチ980円(スープ、ドリンク付き) ディナー950円 日販=50〜100食 彩り豊かでボリューム満点。まさに宴席を盛り上げる即戦力 女性向けが男性に支持され酒場料理に発展 札幌の第2ご当地ラーメンに お土産商品も積極的に展開 札幌グランドホテル ビッグジョッキ 所在地=札幌市中央区北1条西4丁目 岡安 秀一(おかやす・しゅういち) 発行部数6万2000部の外食専門紙「日食外食レストラン新聞」編集長。「理論より実践」「システムよりマインド」を理念に新聞編集の他、料理書籍の発行、食品メーカーの商品開発などに携わっている。当紙「ラーメン新聞」をプロデュース。あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!