ラーメンを観光資源に

伝統の味を根強く支持
和歌山ラーメンタクシー制度スタート

全国的に見ても特徴的なラーメン食文化をもつ和歌山。屋台文化の習慣が根強く、早寿司や麺の量が少ないのもその影響とされる。ここ数年「麺dining月乃家」や「麺屋ひしお」など、新興勢力も人気を博しているが、まだまだ老舗が強い。井出系発祥の「井出商店」を筆頭に「山為食堂」「うらしま食堂」などは相変わらずの繁盛ぶり。中でも人気が高いのが、井出商店出身組の「丸三」「丸田屋」「正善」。平日でも行列ができるほどの人気だ。また、市内のアンケート調査では「豚骨醤油」を支持する声が多く、伝統の味が根強く支持されている。
一方、和歌山市が音頭をとり「和歌山ラーメンタクシー」制度が今秋からスタートする。これは、観光客に人気のある和歌山ラーメンの魅力や歴史を乗客に紹介し、好みに合った味の店を紹介できるタクシー運転手を育成し、認定するというもの。市内にはタクシー約1000台が走るが、第1弾として運転手約100人の参加を呼びかけ、好評であれば続けるという。1990年代後半、和歌山はラーメンで多くの観光客を獲得した経緯があり、今回の試みはまさにラーメンを観光資源として活用している。

adminコラムラーメンを観光資源に 伝統の味を根強く支持 和歌山ラーメンタクシー制度スタート 全国的に見ても特徴的なラーメン食文化をもつ和歌山。屋台文化の習慣が根強く、早寿司や麺の量が少ないのもその影響とされる。ここ数年「麺dining月乃家」や「麺屋ひしお」など、新興勢力も人気を博しているが、まだまだ老舗が強い。井出系発祥の「井出商店」を筆頭に「山為食堂」「うらしま食堂」などは相変わらずの繁盛ぶり。中でも人気が高いのが、井出商店出身組の「丸三」「丸田屋」「正善」。平日でも行列ができるほどの人気だ。また、市内のアンケート調査では「豚骨醤油」を支持する声が多く、伝統の味が根強く支持されている。 一方、和歌山市が音頭をとり「和歌山ラーメンタクシー」制度が今秋からスタートする。これは、観光客に人気のある和歌山ラーメンの魅力や歴史を乗客に紹介し、好みに合った味の店を紹介できるタクシー運転手を育成し、認定するというもの。市内にはタクシー約1000台が走るが、第1弾として運転手約100人の参加を呼びかけ、好評であれば続けるという。1990年代後半、和歌山はラーメンで多くの観光客を獲得した経緯があり、今回の試みはまさにラーメンを観光資源として活用している。あたらしい視点でラーメンを伝える情報誌!